Survive Said The Prophet

Survive Said The Prophet

Survive Said The Prophet 通称「サバプロ」は2011年、東京にて結成。5人の多国籍メンバーからなる次世代のシーンを背負ったインターナショナル・ロック・バンド。数えきれない本数のツアーで鍛え卓越されたギミック無しのバンドサウンドと、ボーカルYoshの圧倒的な歌唱力で「ニュー・ヒーローの不在」が続く国内ラウド・ミュージックのシーンに風穴を開けてきた。2015年、自主レーベルより1stアルバム『Course Of Action』をリリース。ヘッドライナー全国ツアーを行い、渋谷クアトロで行われたファイナルを大成功に収める。
2016年、メンバーチェンジを経てZESTONE RECORDSと契約。同年8月には、IssuesやCrown The EmpireなどでビルボードTOP ROCK ALBUM No.1を幾度も獲得し、多数のヒットを世に輩出してきた名プロデューサー、クリス・クラメット(Kris Crummett)を起用し、2ndアルバム『FIXED』をリリース。約半年に渡り全国津々浦々、43本まわった『FIXED』のリリースツアーのファイナルとして行なったO-WESTでのワンマン公演はソールドアウトとなった。この『FIXED』のリリースを期に、サバプロの名は飛躍的に注目度を高め、AP JAPAN誌では読者が選ぶ「BREAKTHROUGH ARTIST」部門で3位にランクイン。更には『KNOTFEST2016』『PUNKSPRING2017』といった洋楽主体の人気ロックフェスに出演するなど、名実共にシーンに欠かせないバンドとして圧倒的な存在感を示す。
その勢いは留まることなく、2017年5月、再び渡米し、前作に引続きクリス・クラメットとのタッグでニュー・アルバム『WABI SABI』を制作。本作の世界観はタイトルが物語る通り、日本独自の「美的センス」をテーマに、今に生きる人々の心情にストレートに訴えかける内容となっている。2017年、『WABI SABI』という新章の幕を開いたSurvive Said The Prophetは、日本の音楽シーンに新たなページを見出し、世界に誇る新たなロック史の指標となる。


<< Survive Said The Prophet Official Site >>